お風呂作り

お風呂は木の浴槽がいい!

ということで、在来工法(ユニットバスではなく、コンクリートなどで作る方法)にしました。

いやはや、結局ものすごーく時間がかかったものの、大満足。

 

まずは元・風呂場に使われていた廃材を砂利代わりに敷きます。

IMG_2944

そこにコンクリートを打って平らに。(「捨てコン」と言います。)

IMG_2947

腰の高さまでブロックを積んでいきます。「墨出し器」(緑のレーザー)で、水平を合わせて、丁寧に積んでいきます。施工は丁寧な下地づくりが大事!

IMG_3062

実は風呂場の形も三角形なので、形に合わせて地道にブロックを切断していると、ホコリだらけに。

変わったことをすると、本当に手間がかかる。

IMG_3065

並行して、外壁も作ります。柱が弱そうなので、かすがいをつけて、新しい柱で補強。

IMG_9275

ブロック積みが終わったら、再度コンクリートを練って、

IMG_3071

風呂に投入。

IMG_3075

水平器を当てながら、排水溝にむかって緩やかな勾配をつけていきます。

IMG_3088

形が決まったら、防水塗料を塗ります。

IMG_3138

仕上げは、秋田から取り寄せた十和田石を貼っていきます。

むずかしい・・・

IMG_3410

続いて、腰から上の下地づくり。

IMG_3394

こちらの仕上げは屋久島の地杉です。屋久島の地杉は雨が多いため、油分が多く、外壁に使えるほど防水性能が高いということで取り寄せてみました。実際どれくらい持つかなぁ。

IMG_9532

そして、〆に・・・高野槙の浴槽を設置して、水栓をつけて、完成!

IMG_9849

ふぅ、長い道のりだった・・・

完成写真↓

Bath